家族葬のポイント

家族葬にかかる費用について

一般的な葬儀には、火葬料、参列者への料理、寺院等へのお礼を含めて、平均すると200万円の費用がかかります。通夜から葬儀まであわただしく過ぎ、悲しみの中、参列者の対応に追われるなど、遺族にとっては負担が大きいものです。 これらの負担を減らせる葬儀に家族だけで行う家族葬があります。 知らせる人数や、行う場所、宗教儀式の有無によって金額が変わってきて、最終的には、一般的な葬儀と同じくらいの費用がかかる場合もあるので、予算や形式などを事前に葬儀社と相談しておくことが大切です。

家族で見送る葬儀の普及理由とトラブル回避のポイント

以前は通夜の時間に、家族やごく親しい人だけで別れを惜しみ、最後の時を過ごしていました。近頃では、仕事の都合で葬儀に参列できない方や、近所の方が通夜に訪れるようになり、家族でゆっくりと過ごす時間が持てなくなりました。 これらの理由や、経済的な事情、人付き合いの少なさ等で家族葬を考える人が増え、葬儀社も様々なプランを用意するようになりました。家族で見送る場合でも霊柩車や棺、火葬場の手配などは葬儀社に依頼した方がスムーズです。通常の葬儀と違い、知らせる範囲や、香典を受け取るか、お別れ会を行うかなど迷う部分も多いので、相談に乗ってくれて、家族葬を積極的にサポートしてくれる葬儀社を選んだ方が良いでしょう。